歌詞

ハローグッバイ

藍坊主

作詞
佐々木健太
作曲
藤森真一

ヨーグルトのカップに赤とんぼが止まってる、

カラカラ乾いた、夕日の匂い。

木枯らしは木枯らしで、アリはアリで、ネコはネコ、

けどぼくは、いまだに、ぼくになれない。


劣等感の固まりがずっと、息をしてもパンを食べても、

飲み込めないところに詰まってんだ、バケツ3杯分じゃ足りないくらい


あなたが生きているこの世界に僕はなんどでも感謝するんだ。

溜め込んだ涙が腐ってしまう前に、ハローハローグッバイ


「ドーナツの穴ぼこは、存在か空白か?」と、だれかが言ってた。美しい言葉。

ぼくの抱える穴が、意味のある存在だったら、どんなにいいだろう。救われるよ。


幸せの絵の具絞ったらチョコレート色が少しでた、くだらねえと口に出したら、

消えてしまいそうな光だった。


あなたが生きているこの世界に僕はなんどでも感謝するんだ。

溜め込んだ涙が腐ってしまう前に、ハローハローグッバイ


サンダルはいらない、落ち葉踏んで、長い影を置いて、走り出せ。


蹴り上げた坂道、骨が溶けそうな雨、星は夜の隙間埋めた。

倒れるまで走れ、くたばるまで走れ、ずっと、ずっと、ずっと。

提供: うたまっぷ