歌詞

翼あるもの

KAI FIVE

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

どしゃ降りの雨をぬけ 晴れ間に会えたとしても

古いコートはきっと今は まだ脱ぎ捨てはしない

今は きっと


行く先を決めかねて 佇む一人の曲り角

さすらう風の小耳にそっと 行く先たずねてる

うつろな 今日


明日はどこへ行こう 明日はどこへ行こう


俺の海に翼ひろげ 俺は滑り出す

お前というあたたかな港に たどり着くまで


疲れ果てた身体をだまし ただ鳥のように翔ぶさ

風に乗り 雲をつきぬけ 自由を夢見て めざして

大きく はばたく

現代(いま)に生きる俺たちに 星は進路(みち)を指してくれる

夜の海 誰かが高く 燈火(あかり)を 生命をともしてる

悲しげに 高く


明日はどこへ行こう 明日はどこへ行こう


いま夕陽に翼ぬらし 俺は帰るのさ

お前というあたたかな港に たどり着くまで


俺の声が聞こえるかい お前に呼びかける

こらえ切れずそばにいたいと 叫びつづける

提供: うたまっぷ