歌詞

観覧車'82

KAI FIVE

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

雨の日に二人 式を挙げた

借りものの上着 友達が縫ったドレス

指輪と花束 ささやかな誓い

ただそれだけ でも幸福だった

おまえは今 家の前

椅子にすわり外を見る

生きることを呪うように

悲しみ宿る目で 夜の果てをみてる


夕暮れの遊園地 覚えてるか

お前と二人 暖かい冬の日

観覧車に乗り 昇った時

不意に壊れ その場に おきざりにされた

手をのばせば届きそうな

星が降る空の中

俺はお前を抱きしめ

二度と離さないと かたく心に決めた


若さではずんでた頃の

全ての美しい夢も

壊された観覧車の

鉄のように冷たく 空に刺さったままだ


胸にこみあげる狂うような想い

こらえきれずに 叫びそうになる

胸にこみあげる狂うような何か

断ちきれず俺は 声をあげ泣きそうになる


雨の日に二人 式を挙げた

借りものの上着 友達が縫ったドレス

提供: うたまっぷ