歌詞

ポップコーンをほおばって

KAI FIVE

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

映画を見るなら フランス映画さ

若かった頃の君と僕との想い出話しは

君が手を振りきった 二十歳の時

埋れ陽の道に すべては消えうせた


映画を見るなら フランス映画さ

若かった頃の君と僕との想い出話しは

君が手を振りきった 二十歳の時

埋れ陽の道に すべては消えうせた


僕等は飛べない鳥じゃなかったはず

翼を広げたら きっと飛べたんだ

僕等は飛べない鳥じゃなかったはず

君は翼がある事を知って恐かったんでしょう


別れる為に君を抱きしめたんじゃない

燃えつきるほど二人 生きちゃいないじゃない

大都会 そんな痛み 傷ついた街に

ほんとの君は なぜ死んでしまったの


ポップコーンをほおばって

ポップコーンをほおばって

天使達の声に耳を傾けている


君の最後の言葉をおとしていく

バスを追っかけて 追っかけて

僕の青い声は いつのまにかこんなにこんなに

涸れてしまった


教会の鐘が聞こえるかい

天使の讃美歌は聞こえるかい

悲しい君と僕のさよならは

色あせた午後に終わってしまった


ポップコーンをほおばって

ポップコーンをほおばって

天使達の声に耳を傾けている


ポップコーンをほおばって

ポップコーンをほおばって

天使達の声に耳を傾けている

提供: うたまっぷ