歌詞

らせん階段

KAI FIVE

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

この世の中を何もなく 晴れた日をめざし

調子よく風に任せて 渡っていく奴もいる

つまずいては起ち上がり よろめきながら生きている

そうさほとんどの奴が ただ落ちていくだけ

人生なんてそんな風に 悪い旅じゃないはず

めぐりめぐる人生は 曲がりくねった階段のように


都会という名のガラスのように きらめく町

狭き檻のその中で うごめく人たち

話すことなく僕はしゃべり 聞くことなく耳を傾け

見えない明日を手さぐりで かけ登っていく

人生なんてそんな風に 悪い旅じゃないはず

めぐりめぐる人生は 曲がりくねった階段のように


暗く流れたルージュのような 摩天楼の下

愛する喜びも憎しみも痛みとひきかえ

傷つけることだけを ただ覚えた僕は

毎日を指おり数え どこへ行くんだろう

人生なんてそんな風に 悪い旅じゃないはず

めぐりめぐる人生は 曲がりくねった階段のように


あたたかい人の心も 触れてはみたさ

小さな命よせた恋人も そこにはいたさ

だけども何もかも捨ててきてしまった

ただ引き金の指のように 体ひきつらせている

人生なんてそんな風に 悪い旅じゃないはず

めぐりめぐる人生は 曲がりくねった階段のように


この世の中を何もなく 晴れた日をめざし

調子よく風に任せて 渡っていく奴もいる

つまずいては起ち上がり よろめきながら生きている

そうさほとんどの奴が ただ落ちていくだけ

人生なんてそんな風に 悪い旅じゃないはず

めぐりめぐる人生は 曲がりくねった階段のように

提供: うたまっぷ