歌詞

夕焼け雲

センチメンタル・バス

作詞
鈴木秋則
作曲
鈴木秋則

放課後 君を待ち伏せた

何気ないフリをして

「自転車盗まれた うしろ乗せて」

バレバレの嘘をつく


丘の上の校舎遠ざかる

二人乗りの影が少し伸びて揺れていた


二人で見た夕焼け雲 遠くで鐘が鳴る

まぶたににじんだオレンジ色 綺麗だね

もう少しだけここに居よう


公園のベンチ 腰掛けて

君と話しをした

回る回る回る回る回る 頭のループ

バターになりそうだよ


素直な思いが言えなかった

その一言がずっとずっと言えなかった


二人で見た夕焼け雲 遠くで犬吠える

今にも溶けそうなオレンジ色 切ないね

夕闇の中に消えた…


遠い昔の思い出は夕日の裏にしまっておこう

大好きだった君の笑顔 今でもずっと覚えているよ


ふり返ると夕焼け雲 あの頃と変わらない

まぶたににじんだオレンジ色 綺麗だね

君も何処かで見てるかな?

提供: うたまっぷ