歌詞

夏の日々と親父の笑顔

くず

作詞
ANIKI
作曲
ANIKI

あの頃の僕たちは 太陽の下をかけまわり

ふり向くひまもないほどに 目の前の風を感じてた


親父とやったキャッチボール ほめられるとただただうれしくて

太陽のまぶしさに 目をこらして見た親父の背中


ボロボロになった 緑のベースボールキャップ

大事にしてた 軟式ボールとグローブ、金属バット

汗だくになって遊んだ 広場のやぶれた金アミ

今でも 心に しまってる


あの夏の日々と 親父の笑顔が 僕を大きくしてくれた

あの夏の日々と 親父の笑顔を 僕はずっと忘れない


あの頃の僕たちは 明日への不安も感じずに

ちっぽけな自分のその世界を とにかく大きく感じてた


親父と行った夏の海 砂浜の人々が遠ざかり

うち寄せる高い波に しっかりとつかまった親父の背中


空気が少し抜けてた 2人のりのビニールボート

風に飛ばされて コロがり続ける誰かのビーチボール

水平線に すいこまれてく でっかい夕陽

今でも 心に しまってる


あの夏の日々と 親父の笑顔が 僕を大きくしてくれた

あの夏の日々と 親父の笑顔を 僕はずっと忘れない


あの夏の日々と 親父の笑顔を 僕はずっと忘れない

提供: うたまっぷ