歌詞

ウェンディの薄い文字

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
新藤晴一

何度叱っても痛く叩いても

幼いウェンディの薄い文字


かすれている文字 誰も気付かない

幾度も消され なくなった


薄い氷に小石滑らせるように

ペンの先が撫ぜるだけさ


君は言う 何か強く残さなくちゃ

いけない物が今の私にあるとは I don't know

思えないのよ


ウェンディは強情に羽のついたペン

ウェンディは慎重にはばたかせて


ウェンディは小さい物思う少女

ウェンディはいつもフリルのスカート


タイプ打ちされた童話で暴れる

死神がウェンディを怖がらす


文字をどうして不吉に並べてしまう?

キスと好きは真反対さ


君は言う 悲しい事は忘れなくちゃ

嬉しい事も明日になればなくなるのならば

忘れなくちゃね


ウェンディは強情に羽のついたペン

ウェンディは慎重に羽ばたかせて


ウェンディは小さい物思う少女

ウェンディはいつもフリルのスカート


ウェンディ君だって可愛い指に

リングをはめる頃になったら

強い文字で

提供: うたまっぷ