歌詞

Blue Bird

小林明子

作詞
小林明子
作曲
小林明子

遠い夏の ある昼下がり

森のはずれで つかまえた Blue Bird

可愛いい声で さえずる いとしさに

籠に鍵をかけ 歌わせたの

悲しい声で 鳴いた小鳥は

季節さえも 知らないまま

ある日 歌さえ 忘れたの

わかっていたの

小鳥も私も

友達ほしくて 淋しかったの

自由な国へ 返してあげる

窓を開けて 空へ放つわ

そして私は 独りぼっち

今はもういない Blue blue Bird

Blue blue Love・・・

提供: うたまっぷ