歌詞

アネモネの恋

JUDY AND MARY

作詞
YUKI
作曲
恩田快人

水玉の ブラウスが揺れる

汗をふきながら 缶コーラ潰す

あなたは もう眠ったかしら

どんな夢を見て 笑ってるかしら


いつもよりも 晴れた空を 眺めてたら

少しだけ優しくて 少しだけ哀しくて


最初から わかりきってたの

わざと 騙されてみたかっただけよ

あなたの声が 好きだったわ

とても

あなたの髪が 好きだったわ


いつもよりも 晴れた空を 眺めてたら

少しだけ淋しくて 少しだけ泣いてみて

しかめっつらで ケンカした 坂の途中に

戻れるよな気がした 空を少し恨んだ


それでも 忘れないの

こっそりキスを した日も

初めて逢った あの日も

あなたの 呼吸も


いつもよりも 晴れた空を 眺めてたら

少しだけ優しくて 少しだけ哀しくて

しかめっつらで ケンカした 坂の途中に

戻れるよな気がした 空を少し恨んだ

たくさんのウソをくれて どうもアリガト

どこかでまた逢えたら パンチをして泣いてやる

いつもよりも 晴れた空を 眺めてたら・・・・・・

提供: うたまっぷ