歌詞

出逢い

光GENJI

作詞
大江千里
作曲
大江千里

星が海に落ちるまで

しばらく君のそばにいるよ

強い風が堤防に吹くと

ためらわずに肩を抱けるさ


生まれてから さがした夢は

ずっと近くにある そんな気がする


胸の奥がせつなくなるよ

それに君も気付いているよ

世界中に響きわたるよ

ときめきをオールに込めて


君のひざで波がはじけた

光る海に船を浮かべよう

深い夜が明けないうちに

君のことを全部知りたい


高い波にさからいながら

きしむ船は沖をさすらう

君に君に出会えるために

(つぶれそうな 胸のかけらを)

僕は今日まで生きてきた


愛は見えない力をくれる

そんな言葉に今少し気付いた


何処へ何処へ心はいくの

(やり場もなくて 行方も知らない)

君へ君へ流れていくの

(こわれそうな もどかしさを)

今はうまく言葉が出ない

(なくせやしない)

君の目をくもらせたくない

(急がないで)

胸の奥がせつなくなるよ

(君の瞳を 見つめ続けたい)

誰も誰も止められないよ

(ときあかせるね)

世界中に響きわたるよ

(出逢いのわけを 永遠のわけを)

ときめきをオールに込めて


星が海に落ちるまで

もうしばらく君のそばにいるね

提供: うたまっぷ