歌詞

鉄のひきがね

STANCE PUNKS

作詞
TSURU
作曲
TSURU

真夜中の反対側で 背筋が凍りついている

安っぽい正義の顔は 黙殺された錬金術

支配者達が眠る間に あの娘の笑顔が消えてった

意味も無く眠くなったよ そんな事考えながら


真夜中の反対側で 本当と嘘の半分

暗闇にビンが飛んでく 誰の声も聞こえないよ

真実が欠けているのは 別にあんたのせいじゃない

言いたい事も言わないで ふざけた世界を開いた


真夜中の反対側で サイレンが鳴り響く

スピードをつけたガラスが 今日も誰かを狙ってる


瞬間のその瞬間に 真っ赤に染まっていったよ


鉄のひきがねを引きやがったのは誰の仕業だ

提供: うたまっぷ