歌詞

少年花火

野狐禅

作詞
竹原ピストル
作曲
竹原ピストル

買ったばかりのTシャツに穴があく

奴がロケット花火を打ち込んできたから

おかえしに 一束まるこど線香花火に火をつけて

ビー玉くらいの火の玉を 頭に落としてやる


少年花火 夏の夜に咲く

少年花火 夏の夜に散る


腹が立ったからと言って人を傷つけてはいけないよ

でも 何を言われても ヘラヘラ笑っている僕よりは よっぽどマシだ

例えば 騒音を撒き散らし 走り抜けていく バイクの少年は

恥ずかしながら いつまでたっても 僕のヒーローなんだ


少年花火 夏の夜に咲く

少年花火 夏の夜に散る


公園のベンチで ウトウトしていたら

母ちゃんに首を締められる夢を見た

母ちゃんはいつも「いいかげん大人になりなさい」と僕に言うけど

安心してください 僕はもう彼らの輝きを直視できないダサい大人になれましたよ


何よりも 激しい光で

何よりも 激しい爆発音で

何よりも 激しいスピードで

何よりも 激しい刻み込まれるその一瞬に


少年花火 夏の夜に咲く

少年花火 夏の夜に散る

提供: うたまっぷ