歌詞

自殺志願者が線路に飛び込むスピード

野狐禅

作詞
竹原ピストル
作曲
竹原ピストル

「せっかく空を自由に飛べるようにこんな立派な白い羽根がついているのに

こんなところに迷い込んできたら意味がないじゃない バカだねぇ」

君はそう言うと 便所の小窓を開け

ふわふわ白い羽根のついたタンポポの種子を そっと逃がしてあげるのだった

ケツをかきながら 隣に突っ立っている 僕を見つめて

「あんたも同じだよ」と 僕の睫毛についた目ヤニを指で弾いた


ナメクジみたいに君の体を這う毎日


自殺志願者が線路に飛び込むスピードで 僕は部屋を飛び出しました

目に映るものすべてをぶっ壊してやりたかったけど

そんな時でも 一番お気に入りのTシャツを着てきた自分がバカバカしくて…


旭川FOLKジャンボリー(そのライブハウス)ではいつも70年代フォークが流れており

僕は彼のメッセージに応えるべく 全身を硬直させたんだ

「マスター、家も電話もない人間にアルバイトをさせてくれるバカな会社がありましたよ」

マスターは人差し指でメガネを押し上げながら

「バカはおめぇだろ」と笑うのでした

こうして僕は 汗水流して働いてなんたらかんたらというヤツを経験したわけだけれど

何故だろう 昇る朝日から眼をそらしてしまうのはいったい 何故だろう


ゴキブリみたいに夜を這う毎日


自殺志願者が線路に飛び込むスピードで 僕は自転車こいで濱埜の家に行きました

「このまま終わってたまるか」なんて言いながら

ファミリーコンピュータの赤いコントローラをパチパチやってる自分がバカバカしくて…


自殺志願者が線路に飛び込むスピードで

生きていこうと思うんです

提供: うたまっぷ