歌詞

孤独のキャラバン

河口恭吾

作詞
河口京吾
作曲
河口京吾

月の砂漠をどこまでも

白い駱駝のコブにゆられて行く


七つの海と国をこえて

探してるのは俺の盗まれた心


憧れは夜の向こう

君の眠る街へ


愛し君の面影が

浮かんではまた消える


月の砂漠をさまよって

赤くまたたく星が道しるべ


西へ東へ旅は続く

探してるのは君のあの青い瞳


君にもらったナイフが

悲しい音たてる


うるわし君のくちびる

せめて夢で会えたら


今宵 夢で会えたら

提供: うたまっぷ