歌詞

焦燥のバラッド

The Birthday

作詞
チバユウスケ
作曲
The Birthday

雪が降ってくる音を聞いたことがあるんだ

それはとても静かで呼吸も聞こえない

「かさかさ」でも確かに生命のようなものを

感じることができるんだ 鼓動のような


それでもどっかに何かさぁ ぶっ壊したいような

どうしようもない何かが 巣を作ってんのさ


ビルの窓から窓へ ヒモつけずに飛び移る

そんなくだらない遊びが昔から好きだった

ひんやりと浮かぶ感じ あの時の気分が

忘れられない今でも 指笛鳴らせよ


焦燥のメロディーが聞こえてるから

ビリビリに破りたい 想いにかられる

むき出しの愛情ならお前にやれるよ

気に入らねぇんだったら 墓場に捨てなよ


空飛び船はどこから 来てどこへ行くんだとか

楽しくてしょうがないね 星の生い立ちとか

あの娘の手を取ってクルクル踊りたい

ペパーミントスウィートキャンディー口移しながら


それでもどっかに何かさぁ っ壊したいような

どうしようもない何かが 巣を作ってんのさ

焦燥のメロディーが聞こえてるから

ビリビリに破りたい 想いにかられる

提供: うたまっぷ