歌詞

20才のころ

今井美樹

作詞
安井かずみ/なかにし礼
作曲
かまやつひろし

あのころ 想うたび

涙が 出るんだよ

君とぼく 20才のころ 帰らない昔


毎日絵を描いた

モデルは君ひとり

肩や腰 胸の線を 描いては消して


たまには 口づけなどかわしてふざけあい

そのまま愛しあって 日暮れになったね


ショパンをききながら

夜には詩をよんだ

ベルレーヌやボードレール

覚えているかい


ときには いじわるした あなたの指先

そのまま もえながら 夜空に消えた


夜明けを 待ちながら

散らした 花びらに

白い朝 うつってたの

覚えているわ


あのころ 想うたび・・・

あのころ 想うたび・・・

提供: うたまっぷ