歌詞

恋しくて

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗/御徒町凧

あれはもう過ぎた日の出来事 君といたあの季節

笑い話にはまだほど遠くって 捨てられない宛名のない手紙


どこからかもう冬の足音 色めく街のショーウィンドー

道行く人はなぜかよそよそしくて 凍える胸


モノクロの世界 溜め息は行き場を失ったまま


恋しくて 恋しくて

君の名を呼んだ 綿雪舞う空

帰らない思い出は

白く降り積もり 心の中に溶けてゆく


いつまでも君を離さないよと 強く抱きしめたけど

そんなにしたら私苦しいよって 笑われたね


たまプラーザ行のバスに揺られ二人 何処へでも行ける気がしてた

時の流れを忘れてしまうほどに 見つめ合った


切なくて 切なくて

追憶の季節を 玩んでみても

燦々と降り注ぐ

淡い光が今 滲む涙で霞んでる


傷付けたくないと願うことで 君を傷付けてしまった

その過ちに胸が詰まるよ 今更


恋しくて 恋しくて

君の名を呼んだ 綿雪舞う空

帰らない思い出は 永久の冬を越えて―――


恋しくて 恋しいほど

信じ合えたあの愛が 嘘じゃないって思える

いつの間にか 降り止んだ雪の空は 果てしなく広がっていた

振り返っちゃいけないんだね 君のいないこの道を


君のいないこの道を

提供: うたまっぷ