歌詞

RAINBOW DUST

榎本くるみ

作詞
榎本くるみ/MOR
作曲
榎本くるみ/MOR

輝いてる人を見るとイライラして 前を見ることすら忘れてしまう

愛せない自分を認めてくれる この場所から出られない


翼のないことは知ってた だから飛ぶことはあきらめていた

積み重なったあきらめが重すぎて止まってる


終わりを怖がって始めることも 出来ずにいた心に誓った


雨上がりの濡れた街に 虹はかすんですぐに消えた

描いていた憧れや理想は 現実ににじんで色あせたけど

そうだ心に架ける虹は 何度でも くりかえし七色に


先のことばかり気になって 戻れないはずの道なのに進めないでいる

目の前の一歩ふみだすことが これからの道なんだ


嘘ついてることは知ってた だけど自分探しと心かばってた

遠すぎて届かないのなら 不器用でも今を描きたいな


ひとりじゃないと甘えていた ひとりの自分に誓った


立ち並ぶビルの向こうの 青い空に舞うイメージで

人混みにまぎれそうな自分を 支えながら 認めながら

風に咲く花のように 揺れながら 笑えればいい


置き去りにした心に ふれようとしてみたら

ここにいるよと 少しだけ笑ってた


雨上がりの水たまりに 白い雲が晴れていく

描ききれなかった未来の虹は 心にあるから この手にあるから

いつか捨ててきた夢の続きは 何度でもくりかえし七色に

提供: うたまっぷ