歌詞

きっと どこかに赤い糸

中澤裕子

作詞
つんく
作曲
つんく

恋する勇気が小さくなって

毎日ただただ進んでく


恋する希望も色褪せてって

毎日ぼんやり仕事して


女の魅力はなんでしょう?

女の色気がどうでしょう?


何が何でも幸せつかむと

誓ったあの日が懐かしい


でもね やっぱり信じてる

きっと どこかに赤い糸


恋する気分がどんなだったか

思いも出せない夜なのに


恋する映画を何度も見てる

一人の時間も悪くない


私 いつから 寂しいの?

私 どちらへ 行きたいの?


何が何だか分からぬ間に

燃え上がるくらい抱きしめた


だから 今でも信じてる

きっと どこかに赤い糸


何が何だか分からぬ間に

燃え上がるくらい抱きしめた


だから 今でも信じてる

きっと どこかに赤い糸

きっと どこかに赤い糸

提供: うたまっぷ