歌詞

ダニーボーイに耳をふさいで

甲斐バンド

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

突然君が去った時から

始まったからっぽの日々

この街は風がいっぱい

君の香りがいっぱい

最後の手を振る雨の十字路

ふるえる背中見送った時

いつも君が唄ってた

あの歌が聞こえてきた

いつものように灯りを消して

いつものようにドアを閉ざして

君との昨日に鍵をおろした

冷たいあの日


いつか切りすぎた君の髪が

雨になって降りそそぐ

思い出という傘をやぶって

僕の肩に降りそそぐ

いるはずもない君の声が

二人生きた日を呼びおこす

すがるようにからみつく

ダニーボーイに耳をふさいで

いつものように灯りを消して

いつものようにドアを閉ざして

君との昨日に鍵をおろした

冷たいあの日


いくつかの ああ喜びと

いくつかの ああ苦しみが

街角のショーウィンドゥに

浮かんでは消えた

提供: うたまっぷ