歌詞

Parasitic Plants

TOKIO

作詞
コダマックス
作曲
コダマックス

見慣れない天井 段ボールの山

とりあえず珈琲飲んだ

カーテンが無い窓 am7時の陽射し


求めないし求められず

泣キアエル友達もない

いつからこんな大人になったの?


何もかもがイヤで逃げ出した気持ちを朝の風が優しく癒してる


いますぐに閉ざしたドアをこじ開けよう! 失うものはない!

まるで僕はヤドリギのようさ ひとりきりじゃ生きてはいけないから


逃げ出したと笑われても

また来る明日にしがみつけば

続いてた雨もきっと上がるよ


あの日の弱さを認める強さを見つけだそう追われる暮らしの中で


何もかもが光ってた頃 生まれて初めて恋をしてた

まるで僕はヤドリギのようさ キミの愛無しじゃ生きてはいけないから


忘れてた大切な気持ち

ひとつなんだ 生きていく理由(わけ)なんてさ


いますぐに閉ざしたドアをこじ開けよう! 失うものはない!

まるで僕はヤドリギのようさ ひとりきりじゃ生きてはいけないから


いまやっと気づいたんだ 必要なのはキミの笑顔だけ

誰も皆 生まれた時に愛される喜びを知るから


People are like parasitic plants.

提供: うたまっぷ