歌詞

シルク

SHAKALABBITS

作詞
UKI
作曲
MAH

憂いの雨上がって ふたり出掛けよう

シルクの雲見上げた 世界が透明に見える

まだ少し風は温かい

その後で君は言う 眩しそうに

泣き笑って 僕は臆病者だから

道を逸らしてみたり

掻き毟ってその度朝が見えなくなる

忘れて去くんだ 僕を


憂いの雨上がって ふたり出掛けよう

光の水跨いだ 波打って泳いで見える

ただ少し息継ぎが足りないだけ

慣れてしまった不自由さに

何故君は僕より、なんて本気で思うの?

目を逸らしたり

掻き毟って誤摩化さないで

格好つけないで 隣にいるよ


―― 掻き毟って

あたしが泣き崩れた時は目を離さない

抱き抱えて その度強さに憧れた

嫉妬してしまうほど

泣き笑って 僕は臆病者だからなんて

あの頃ふたり

その世界はいつまでも透明に塗られてる

面影に泣いて笑った

提供: うたまっぷ