歌詞

ひとりよりふたり

Fayray

作詞
FAYRAY
作曲
FAYRAY

ひとりよりふたりで

ぬくもりを分けあいながら

響きあう心と心

ほどかずに 束ねていよう


街路樹を朝日が金色に染めて

眠い目をこする君は

夢の中


空が頬をピンク色に染めて

甘えた表情で

そっと微笑む


ひとりよりふたりで

ほら

思い出を育てながら

向かい風の理由も

聞かずに

目の前の扉を

開けよう


窓際の青い椅子に座り

色づく町並を見渡せば

星屑とビルの灯り達が

その美しさを競いあう


ひとりよりふたりで

さあ

悲しみさえ 受け入れながら

雨の日も

晴れを待たずに

青空を探しに行こう


委ねあう手と手

もうはなさないで

信じあう目と目

まだそらさないで

提供: うたまっぷ