歌詞

重なるように

真心ブラザーズ

作詞
YO-KING
作曲
YO-KING

重なるようにぼくら歩いてた 賑やかな街の風 横切り

重なるようにぼくら歩いてた どこまでも青い空 見上げてた


ぼくの心 見透かすように笑う

君の顔 高い空 溶けてゆく


あの日と同じ風を感じて ぼくはひとり歩いてる

時の狭間で待ち合わせをしよう 風の中に答えはなかった


人が溢れるキャンパスに舌打ち 欲望がないふりをし続けた

落ち込むなんてカッコ悪かった 音楽が世界に色をつけた


雨の日に 傘をささず濡れた

始発の駅 酔っぱらって立ち尽くした


あの日と同じ風を感じて ぼくはひとり歩いてる

時の狭間で待ち合わせをしよう 風の中に答えはないのか


あの日と同じ風は吹いている ぼくはひとり歩いてる

時の狭間で19のままの君と この世界を呪い死んでゆこう


重なるようにぼくら歩いてた 緩やかな上り坂 横切り

重なるようにぼくら歩いてた ひび割れたアスファルト 胸張り

提供: うたまっぷ