歌詞

まばたきの間に

真心ブラザーズ

作詞
桜井秀俊
作曲
桜井秀俊

路面電車のベンチシートに 沈んで見上げた

車窓から突き抜ける高い空

街を南北に分けるレールは

なだらかなカーブで 東へと東へと延びている


交差点を過ぎた右手に 昔愛した人の家が

何ひとつ変わらず 佇む

まばたきの間に通り過ぎた


光と影の日々は 街並みは

恋のように 彼方へ飛んでゆく

二度目のまばたきをして 夢から覚めた


路面電車のわずか2両は

君の待つホームへ あと5分、あと2分、あと5秒


過ぎた事と君が笑った 昔愛した誰かの影は

小さな針のような姿で 仕方ないけど刺さるのさ


光と影の中で 恋に落ちて

恋を信じて 恋に惑わされる

近づく君に気付いて 夢から覚めた


うまく言えない どうしても隠しきれない

伝えたい気持ちだけが 伝えきれない

言葉にできる予感は まばたきの間に通り過ぎた

提供: うたまっぷ