歌詞

サマーヌード

真心ブラザーズ

作詞
桜井秀俊/倉持陽一
作曲
桜井秀俊

何か企んでる顔

最後の花火が消えた瞬間

浜には二人だけだからって

波打ち際に走る

Tシャツのままで泳ぎ出す


5秒に一度だけ照らす灯台のピンスポットライト

小さな肩

神様にもバレないよ 地球の裏側で


僕ら今 はしゃぎすぎてる 夏の子供さ

胸と胸 からまる指

ウソだろ 誰か思い出すなんてさ


響くサラウンドの波

時が溶けてゆく真夏の夜

夜風は冬からの贈り物

止まらない冗談を論すよについてくるお月様


走る車の窓に広げはためくTシャツよ

誇らしげ

神様さえ油断する 宇宙の入口で


目を伏せて その髪の毛で その唇で

いつかの誰かの感触を君は思い出してる


僕はただ 君と二人で通りすぎる

その全てを見届けよう

この目のフィルムに焼こう


そうさ僕ら今 はしゃぎすぎてる 夏の子供さ

胸と胸 からまる指

ごらんよ この白い朝


今はただ 僕ら二人で通りすぎる

その全てを見届けよう

心のすれ違う瞬間でさえも包むように

提供: うたまっぷ