歌詞

リプライ

TOKIO

作詞
HIKARI
作曲
HIKARI

拝啓 Whom I'd loved

あなたから受け取った銀の時計

今もこうして問いかけているよ

壊れた日を刻んだまま


変わらない季節が在るなんてピンと来ない時代

容易く捨てた想いが光放つよ ねぇ


もしも今そばで笑いかけてくれるなら

どんな顔をすればいい

絡まり続けた日々をどうして伝えよう

解きほぐす術も知らない


曖昧過ぎて歪めた本音

あなたは知っていて

でも優しかった


迷い事ひとつさえ無いなんて振りに長けて

はしゃいだ幼さが胸に痛いよ ねぇ


移り行く景色に少しずつ慣れて行くんだ

あなたのいない街で

余りに無力な日々をこうして唄うよ

綺麗過ぎる嘘はもういらない


下らないといつか笑い飛ばした言葉が

胸を渦巻いてやまない

穏やかに揺れたあの灯が決して消えぬよう

今はただ唄うよ


もしもそばで笑いかけてくれるなら

他に何も欲しくはない けど

変わらないあなたの運命を敢えて祈るよ

届かない空の下で

提供: うたまっぷ