歌詞

旅立ちの翼

V6

作詞
小川まき
作曲
菊池一仁

世界中に 満ち溢れてる 大地の声 聴こえるかい?

握りしめた 夢の破片 ゆずれないこの気持ち

カラダ中に みなぎるものを 信じること 畏れないで

眼をとじれば 心(ココ)にあるよ 輝く未来へのパスポート


旅立ちの朝は 春の嵐のように

はじまりは いつも 心 ざわめき揺れるもの


幼い頃 君と 描いてた夢は

今も心(ココ)の隅っこに 仕舞っておいたはず…


一度しか使えない 人生のチケットならば

翼をまとって 今 それぞれの空へ

翔び立とう…


世界中に 満ち溢れてる 大地の声 聴こえるかい?

握りしめた 夢の破片 ゆずれないこの気持ち

カラダ中に みなぎるものを 信じること 畏れないで

眼をとじれば 心(ココ)にあるよ 輝く未来へのパスポート


夕暮れの公園 真っ暗になるまで

泣きながらケンカした あの懐かしい日々


あの頃と変わらない まっすぐな瞳のままで

何かを見つけた空 デジャヴの予感

まるで奇跡…


地平線を 赤く染めてく 光のように 両手ひろげ

こだましてる 生きる力 止まらないこの想い

大空に 突き抜けてゆく つむじ風は 君をのせて

道標は 心(ココ)にあるよ 約束の場所が待っている


世界中に 満ち溢れてる 大地の声 聴こえるかい?

握りしめた 夢の破片 ゆずれないこの気持ち

カラダ中に みなぎるものを 信じること 畏れないで

眼をとじれば 心(ココ)にあるよ 輝く未来へのパスポート

提供: うたまっぷ