歌詞

ガラスの地球

五味美保

作詞
五味美保
作曲
五味美保

駆け回った野山から

林を渡る風の音

小川に群れる魚たち

いっしょに遊んだ虫たち

そして無造作なほど

咲きほこっていた草


宇宙の孤独に耐えて

ガラスのように壊れやすく(美しい地球(ほし))

未来の子供達が

この場所で今日と同じ月が見られますように


蝶の匂い トンボの匂い

それは秋の草花の匂い

カブト虫の甘い匂い

ナラやクヌギの樹液の匂い

そして無造作なほど

咲きほこっていた花


宇宙の暗黒(やみ)の中に

青く輝く水の惑星(幻想の王国(くに))

どこかに消えたホタル

この場所にもう一度光がともりますように


永遠の少年の願い ガラスの地球の願い


宇宙の孤独に耐えて

ガラスのように壊れやすく(美しい地球(ほし))

未来の子供達が

この場所で今日と同じ月が見られますように


この場所で今日と同じ月が見られますように

提供: うたまっぷ