歌詞

バイバイ・ブルース

作詞
Shinya Kogure
作曲
Shinya Kogure

雨の中言葉もないまま去ったあの人

テーブルの上に置いた手紙一つ残して


一方的に愛されるより 一人でいることを望んだ

そんなあなたに心奪われた こんな私が馬鹿だった


聞こえる バイバイ バイバイ バイバイ

雨に唄う バイバイ バイバイ バイバイブルース


どしゃ降りの雨はうなだれた肩を濡らして

想い出をそっと洗い流しているみたい


時が過ぎれば きっとわかるはず

かけがえのない日々だったと悲しくはない 好きだったけれど

あの人が自由になれたから


聞こえる バイバイ バイバイ バイバイ

雨の音は バイバイ バイバイ バイバイブルース


一方的に愛されるより 一人でいることを望んだ

そんなあなたに心奪われた こんな私が馬鹿だった


聞こえる バイバイ バイバイ バイバイ

雨に唄う バイバイ バイバイ バイバイブルース

聞こえる バイバイ バイバイ バイバイ

雨の音は バイバイ バイバイ バイバイブルース

提供: うたまっぷ