歌詞

太陽

三枝夕夏 IN db

作詞
三枝夕夏
作曲
三枝夕夏

恋はまぶしく揺れる 銀色の波

夕暮れはいつも切ない風が走る


昨日の涙は

愛する証拠(アカシ)

出逢った日の事を想い出してる


空と海とが溶ける夏

届かなくても

傷ついても

ずっと君を見つめていたい


このまま 光る 太陽 いつも抱きしめ

もう何があっても

後悔などしたくない


今 燃える 太陽 ずっと離さない

いつか 季節がめぐっても

君に寄りそっていたいよ


閉じたままだった 心のコンパス

見つめればいつも寒い北を指してた


誰からも好かれたいと

無理をしてた

焦る程つのる不安に 身をひそめてた


ありのままで居られるのは

誰もいない

部屋で1人

居る時だけだとずっと思ってた


このまま 赤い 太陽 君を抱きしめ

たった一度の人生だから

後悔などしたくない


今 燃える 太陽 変わらぬこの想い

いつか 季節がめぐっても

君に寄りそっていたいよ

提供: うたまっぷ