歌詞

ふがいないや

YUKI

作詞
YUKI
作曲
蔦谷好位置

私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた

それはそれは小さい手で 青空をあおいだ

さながら 昔からよく知る となりの あの娘のように

片方の耳たぶで聴く 卒業のカノン

1人でも 大丈夫よって めくれてる 私のストーリー

誰かのせいにしたいよ つらいなあ。 いや。嫌。

右利きの おりこうさんには 雨上がりを あげよう

手作りの フォーチュンクッキー 食べながら でかけよう

哀しくって 泣いてばっかりいたら 芽が溶けて無くなった

秋になり また 冬になり ひとつ年をとった

遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー

にやにや 笑っている ふがいないや。いや。

すがりながら 追いかけてみても あしげにされても

空いた穴を 埋めよう ちがいないや。いや。

かさねあう もたれあう すててしまうんだ もうすぐ

消えてしまう 愛しい人も 優しい日々よ もうすぐ

私が生まれた朝の街 雪の中に埋もれた

それはそれは小さい手で 青空をあおいだ

遠くまで 逃げているつもりでも 終わらない 君のストーリー

にやにや 笑っている ふがいないや。いや。

すがりながら 追いかけてみても あしげにされても

空いた穴を ふさごう ちがいないや。いや。

ふがいないや。いや。

つらいなあ。嫌。嫌。

提供: うたまっぷ