歌詞

桜の花が散る前に

Bivattchee

作詞
堤晋一
作曲
堤晋一

ちぎれ雲優しくて 思い出した 幻の日々

沈む夕陽 橋の上 時間切れ 電車が通る

いつ会えるか 分からずに

また会えるよね 涙をこぼす

指切りした約束を 今でもまだ 覚えてますか


永遠だと思ってた 戻らない日々に

いつもと違う 僕がいて

青いカラスが鳴いている


桜の花が散る前にもう一度会えるかな

桜の花が散る前にもう一度会えるかな


桜咲くこの道で

またいつの日か、元気でいてね

花びらヒラリ 手のひらに

握り締め ずっと忘れぬように


見えなくなるまで 手を振った

あの日のあの場所へ 置いてかれた 僕がいて

青いカラスが鳴いている


桜の花が散る前にもう一度会えるかな

桜の花が散る前にもう一度会えるかな


誇らしげに笑う

潔しと手を握る

あの日のおれに手を振る


桜の花が散る前にもう一度会えるかな

桜の花が散る前にもう一度会えるかな

提供: うたまっぷ