歌詞

お昼寝宮・お散歩宮

谷山浩子

作詞
谷山浩子
作曲
谷山浩子

遠い思い出の 空にただよう

光るゆりかご お昼寝の舟

わたしはいない どこにもいない

さがしに行こう はるかな国へ


遠い思い出の 空にただよい

何を見ている お昼寝の月

太古の眠り 植物の夢

石に恋した かすかな記憶


POM POM POM POM 花の種

かくれているよ

大事な秘密が わたしの中に


風が心に 心が風に

入れかわる道 お散歩の道

わたしはひとり 見えない森で

見えない鳥の歌を聴いたよ


足には軽い 銀の靴をはき

どこまでもただ 歩いて行くよ

遠く遠くへ もっと遠くへ

知らない国へ 昔の海へ


遠い思い出の(POM POM POM POM 花の種)

空にただよう(かくれているよ)

光るゆりかご(大事な秘密が)

お昼寝の舟(わたしの中に)

わたしはいない(針のない時計の)

どこにもいない(動かない真昼を)

さがしに行こう(眠れ眠れ)

はるかな国へ(眠りの中に秘密のかぎが)


さがしに行こう はるかな国へ

提供: うたまっぷ