歌詞

第2の夢・骨の駅

谷山浩子

作詞
谷山浩子
作曲
谷山浩子

山奥の 小さな駅に とまったら

青い空気を ごらんなさい

青い空気は 骨が好き

あなたの骨を 食べてしまいます

青い空気は 骨が好き

あなたの命を 食べてしまいます


山奥の 小さな駅に とまったら

暗い緑を ごらんなさい

暗い緑は 骨が好き

あなたの骨を なめてとかします

暗い緑は 骨が好き

あなたの命を なめてとかします

(すてきな ごちそう)


忘れている 幼い頃 神社の森の暗がりで

約束したことはないか?

思い出せないことはないか?

来てはいけない骨の駅

忘れていた骨の駅

吸い寄せられた 古い力に


山奥の 小さな駅に とまったら

のぞきこんでは いけません

かたく目を閉じて 早くこの駅を

通りすぎるのを 待ちなさい

山の奥へとつづく細道を

ホームに降りてふらふらと

歩き出してはいけません

提供: うたまっぷ