歌詞

すずかけ通り三丁目

谷山浩子

作詞
谷山浩子
作曲
谷山浩子

何気ない町の角を ふとまがったら

そこはまるで 静かな夢

けむるような 陽射しの中で


突然 思い出してしまった

朝のにおい 水の音

突然 よみがえるあの頃の

しあわせな あの子と私


思い出は 眠っている心の奥に

だけど きょうはたずねてきた

時の彼方 すずかけ通り三丁目の白い家


突然 思い出してしまった

雨のやさしさ 雲の色

かすかな 記憶のかたすみに

風の中 あの子の鐘


思い出は 眠っている心の奥に

だけど きょうはたずねてきた

時の彼方 すずかけ通り三丁目の白い家

提供: うたまっぷ