歌詞

無風状態

はっぴいえんど

作詞
細野晴臣
作曲
細野晴臣

マストに風を巻いて海に乗り出せ

低い雲をしょったら 西まで連れてけ

破れ空から洩れてる 光をたぐって

土と木の実をしょったら 都市の海まで連れてけ

肩のオウムは 何を歌う

思い出せない 昔の詩(うた)

奴はエイハヴ 気取って 海をひとかき

沖のカモメは 潮時を 唄ってはばたく

はるかな海は 何を思う

さけび出したい "とりかじいっぱい!"

"風がなけりゃ ねえ船長"

マストの風をたたんで 彼は今

夜霧のメリケン波止場で 船を降りる

提供: うたまっぷ