歌詞

明日あたりはきっと春

はっぴいえんど

作詞
松本隆
作曲
鈴木茂

冬化粧 白は流れて

砂糖菓子の街 ひっそりと

テーブルには

牛乳瓶に詰められた ぼくらの春が

ほら ごらん

冬が空をゆっくりと渡ってゆくよ

冬がだんだん遠くなる

春の部屋 緑は流れ

木蓮の花 咲き乱れて

鳥になった ぼくとお前は

溶け出した春に舞い上る

あしたあたりはきっと春

提供: うたまっぷ