歌詞

PHASE 807

MO'SOME TONEBENDER

作詞
百々和宏
作曲
藤田勇

空はグンジョウに街を濁らせながらそこにあった

降るそば乾いてくしずく 人はその速さに無関心を装う


この雨が降り出したのは何時のことだったろう?

問い掛けるその一瞬に僕の腕ちぎれた


レンガで造られた街はにぶい威光をたたえている

僕には行き交う人らと交わす言葉もとだえてしまった


僕は僕が細く尖ってゆくのを感じながら

崩れかけのらせん上った 虚空へと上った

踊り場に立ちふさがった重く湿ったドアー

僕のからだ その先端で今そこに突き刺さる

提供: うたまっぷ