歌詞

七つの海

ナナムジカ

作詞
243
作曲
243

蒸し返す夏の大陸

空を割る青い稲妻

カラカラに乾いた喉に

水もない別れだった


あれほど愛し笑った記憶

思い出は七つの海を越え

晴れ渡る


Ah 君と過ごした季節は

虹の様だったよ

どうして僕ら何度傷ついても

まだ人を愛せるんだろう


僕は今 闇を泳いで

あの日々を追いかけてる

君の事忘れられる事が

強さの基準じゃない


いつかは枯れる花でもきっと

その運命(いのち)それは永遠だと

咲き誇る


Ah 君は今頃どこかで

未来(あした)だけを見つめ

悲しい瞳をした僕を追い越して

その身を漕ぎ出すだろう


ナミダ コウカイ と イカリ クルシミ

それでもスキ そして トキ と ユメ


Ah 君と過ごした季節は

虹の様だったよ

どうして僕ら力いっぱい人を

愛さなきゃ生きれないんだろう

愛さなきゃ生きれないんだろう

提供: うたまっぷ