歌詞

霧雨の旅人

雅夢

作詞
夏冬春秋
作曲
三浦雄也

肩をぬらす雨が 時間を戻す

今も影がひとつ 改札へ走る

別れではなくて 離れるだけだと

少し 笑った あの人


流行り歌が恋の季節を詩う

あなただけを 愛しつづけると詩う

見送る わたしを気遣うのなら

戻ってくると 言ってよ


振りむけば いつも雨降り

あの人は 霧雨(あめ)の旅人

いつまでも 待ちつづけたい

愛 ・哀 ・愛


昔 映画のラスト・シーンは いつも

愛しい人の胸に 抱かれて眠る

名前呼び合い 駆け寄ったとき

一人 夢から 目覚める


去かないで 声にならない

思い出が 背中をたたく

もう一度 心を濡らす

雨・霧雨(あめ)・雨


振りむけば いつも雨降り

あの人は 霧雨(あめ)の旅人

いつまでも 待ちつづけたい

愛 ・哀 ・愛

提供: うたまっぷ