歌詞

悲しくて

雅夢

作詞
三浦和人
作曲
三浦和人

薄く曇った硝子窓

コトコト揺らす風の便り

ひとり暮らしの この部屋に

訪れた寒い季節


ひと冬前は わたしの

躰あたためる あなたが居た

けれど運命(さだめ)の悪戯(いたずら)か

あなたは還らぬ人に


悲しくて 悲しくて

身も心も やつるるほどに

哀しさよりも人恋しさに

あふれた涙も涸れ果てて

生きてゆくには面影だけが

あまりに優しすぎる


想い出だけに つつまれて

過ぎゆく日々は淋しすぎる

いますぐ声を聞きたい

もう一度抱かれてみたい


悲しくて 悲しくて

眠れぬ夜は狂おしく

呼びかえすこと できるのならば

声を限りに 叫びもした

せめて叶わぬ願いならば

想い出消し去りたい


悲しくて 悲しくて

身も心も やつるるほどに

哀しさよりも人恋しさに

あふれた涙も涸れ果てて

生きてゆくには面影だけが

あまりに優しすぎる

提供: うたまっぷ