歌詞

LIFE

郷ひろみ

作詞
佐々木圭一
作曲
樋口了一

ありえないのに

あたりまえなのに

ぼくの窓辺だけ明かりがないよ


うす暗いドア

開けて 残ってた

わずかな力で置く鍵束


ずっと同じ日々を

繰り返した

帰り道も この気持ちも


なきそうだよ

投げ出しそうさ 何もかも

満たされてきた 暮らしだけれど

ぼくの胸は 隙間だらけで


ギリギリだよ

溜息ひとつ だけど

探してるのは 闇の中に

色をのせる 小さな光


愛した人も

愛した言葉も

愛した歌も忘れかけてた


そっと思い出すよ

大事なもの

破れかけた 記憶の中


なきそうでも

隠すことなど ないのかも

縛られてきた 暮らしだけれど

もどかしさを ほどいてくもの


ギリギリでも

溜息ひとつ だけど

小さな種は 僕の中に

確かにまだ 残ってるから


なきそうでも

隠すことなど ないのかも

縛られてきた 暮らしだけれど

もどかしさを ほどいてくもの


ギリギリでも

種をひとつぶ ぼくは

心の中に しまっておこう

いつか花が 色づく時まで

提供: うたまっぷ