歌詞

誰にも言えない真実

高岡亜衣

作詞
高岡亜衣
作曲
高岡亜衣

少し冷たい二人の距離(じかん) 静かな海辺で

何にも言わずに 泣いてる私につきあってくれたね


振り返るといつも傍で守ってくれてたのは君だった


誰にも言えない真実(ひみつ)があります

一番大事な人を失いました

背中を向けて あの日私は

自分のために生きる事を選びました


馴れ合う事の意味 それからの未来 今ならわかるよ

現実と夢の狭間で疲れて 吐き出したサヨナラ


誰かのために生きるという喜びを感じたい


過ぎ去る月日に足跡残して

自分に正直に生きてきたけど

信号待ち 桜木町で

冷たい右手に君のぬくもり探してた


誰にも言えない真実(ひみつ)があります

一人で頑張ることに疲れました

迷いの中で誰かを愛し、生きてく事に

真実(いみ)があると知りました。


君の存在が真実(しあわせ)だったと知りました。

提供: うたまっぷ