歌詞

旅の終わりに聞く歌は

比嘉栄昇

作詞
比嘉栄昇
作曲
比嘉栄昇

夕焼け空に聞く歌は

水筒抱えて待つ母の歌


あぁ幼い稼ぎじゃ暮らし変わらぬのに

涙ぐんで何度もご苦労様と

一番風呂の熱さ嬉しさ


船の汽笛に聞く歌は

無邪気に手を振る妹の歌


あぁ遠ざかる故郷やがて星にとけて

初めて空に瞬く父に甘えた

小さなカバンに顔を埋めて


錆びたギターに聞く歌は

友の笑顔と愛し君の歌


あぁ賑わう工場が青春の学舎

語り明かした夢は叶っただろうか

妻と訪ねた工場の跡地


旅の終わりに聞く歌を

人は探して人を愛して


あぁ命あればこそ変わり行く故郷も

歌が伝えるだろう誠の幸せ

空は夕焼け旅は終わらず


空は夕焼け旅は終わらず

提供: うたまっぷ