歌詞

アララガマまたワイド

比嘉栄昇

作詞
比嘉栄昇
作曲
比嘉栄昇

半端ボトルを抱いて ひとり店を出る

換気口からエコーまみれの 歌は何処へ帰る


あの日七十過ぎの ママもいないから

ドブ川の上伝い歩けば 星空で行き止まり


何処でもいいから 知らない所へ


飲めば酔う 酔えば唄う

唄えばお前を思い出す

この島で生まれ この島の酒を飲む

負けるなよ 負けるなよ

アララガマまたワイド


下の子が眠るまで まだ帰れんから

テトラポットにもたれて釣りの話でもしながら


お前の杯は この海なんだな


飲めば酔う 酔えば唄う

唄えばお前を思い出す

この島で迷い この島で恥をかく

キツくても キツくても

アララガマまたワイド


飲めば酔う 酔えば唄う

唄えばお前を思い出す

この島で笑い この島の夢を見る

もう一度 もう一度

アララガマまたワイド


飲めば酔う 酔えば唄う

唄えばお前を思い出す

この島で生まれ この島の酒を飲む

負けるなよ 負けるなよ

アララガマまたワイド


アララガマまたワイド


アララガマまたワイド

提供: うたまっぷ