歌詞

深海冷蔵庫

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

卵を割ってかき混ぜる 渦が出来てボーっとする

腐ってしまう前に早く食べてしまわないと

ガムの味がなくなって 甘さはあたしの体になる

口の中ざらざらになる前には捨ててしまおう


こんな簡単に決められない あなたの事は痛いまま


海の底を泳いで光を遮りたい 蒼いかも解らない程下のまた下で

あなたの優しい所 温度と共に甦る

冷たい床と暖かい冷蔵庫にもたれて眠る


低い音で目を覚まし 大きく息を吸い込んでみる

未来の色を決めつけたりするのはもうやめよう


声にすると途切れてしまう 胸のかけら氷の世界


雨の音でやっと気付いた こんなに時間が経っていた

熱い両手のぼせた首が教えてくれた事

あたしの消えぬ想いは宝物の石に変わる

重くても輝いて今夜の夢を見せてくれる


こんな簡単に決められない あなたの事は痛いまま


海の底を泳いで光を遮りたい 蒼いかも解らない程下のまた下で

日曜日も☆のリングも22日も青い空も長袖も家の鍵も笑った目も夢のダンスも

あなたの優しい所温度と共に甦る


冷たい床と暖かい冷蔵庫にもたれて眠る

提供: うたまっぷ