歌詞

シャッター

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

見つめ合い出逢ったあの日一緒に帰った黄色の道 時を止めたかった

夏が終わってしまう合図が...涼しい風と共に全部連れて行った


あなたの前では擦り切れた靴のかかと気にしてばかりで

いつの間にか素直になるのを忘れてしまった


切りすぎた前髪右手で押さえて少し背を向けた 嫌われたくないから

うつむくあたしをからかったあなた今はそれもあたしの夢の中だけ


寂しい時も逢いたい時もいつも言えずにいた自分にため息付く


あの日のさよなら言い出したあたしの腕を掴んだ時

あなたに向かってゆけたらと今更下唇噛んだ


恥ずかしい顔で格好悪いキスをした 平気なフリして震える足

心のシャッター押して忘れない様に 胸の端っこに刻んだの


逢えない訳じゃないけれど 今は逢いにゆけない

もう少し自分を見付けたら電車に乗って橋を越えて...


切りすぎた前髪右手で押さえて少し背を向けた 嫌われたくないから

うつむくあたしをからかったあなた今も変わらずに元気でいますか?


あなたとあたしの目の奥に生きる二人が同じ笑顔であります様に...

提供: うたまっぷ