歌詞

さよなら

松本梨香

作詞
松本梨香
作曲
多々納好夫

夜明けも近い黄昏の街 ひとり

頼りなく揺れて歩くアスファルト


精一杯に息吸って そっと目を閉じるだけ

遥か 遠く 忘れてしまいたい"さよなら"


二度と戻らない あの日には

心の奥で想うけれど

愛すること 狂おしくて

何故だか 涙が流れてゆく


やさしい思い出 隠してもあふれだす

明るい陽射しも 潤(うる)んでかすんでる


最後にひとつ出した あなたの哀しい答え

今も ずっと 繰り返し聞こえる"さよなら"


愛する分だけ 愛してと

甘えてばかりで振りまわした

あなただけ 見つめていたのに

果てない 記憶が まぼろしに…


二度と戻れない あの日には

心の奥で想うけれど

愛すること 狂おしくて

何故だか 涙が流れてゆく


瞬(とき)はいつも 駆け足で

すり抜け そして去ってしまう

微笑み交わした日々 忘れない

初めて 好きだと感じた人

提供: うたまっぷ